手軽な気分で子育てをしてはダメ

手軽な気分で子育てをしてはダメ

勉強方法受験に対して、過度にのめりこまないことが、親子にとってとても大切である。せっかくわが子によかれと思って、通英語教室させて、成績に一喜一憂して親子関係まで悪くしてしまっては、何のための受験かわからない。

 

こんなことをいうのも、手軽な気分でわが子に無料体験テストや講座を受けさせて、そのまま講座手続きしてしまう人が多いからだ。始めてしまうと抜けられない恐さがあることを知っておこう。しかも英語教室のほうもなかなか巧みなのである。英語教室の説明会などで、親に対して講師が熱弁をふるって英語教室校の危うさを力説し、私立の進学実績のよさを強調して、親を巻き込んでいくのだ。その上、教室数が増えていて、合格者数を大々的に広告のチラシに掲載しているような英語教室は、大変説明がうまいのである。取材している私も、何度も「この英語教室こそ、通わせる価値がある」と思ってしまったものだ。説明会などは、生徒をひきつけるベテランのプロ講師が壇上に立ち「私が指導します」などと言うので、その気になってしまうことは多い。ところが通わせてみると、そんなスター講師はその説明会だけで、実際教えているのはアルバイトの学生だったり、スター講師が教えるのは御三家が狙えるような最上位クラスの生徒だけということだつたりが少なくない。「うちの子はこの英語教室のお客さまだわ。